減額をするなら

バッジ

借金の負担を軽減させるために、おまとめローンや借り換えローンを利用する方法がありますが、金利の下げ幅も小さいというケースがあります。そのため弁護士や司法書士に依頼して任意整理を行った方が減額効果が大きいです。

詳しく見る

将来の支払も減額できる

法律書

任意整理は、利息制限法で定める金利を超える支払を、契約開始時まで遡って正しい金利に計算しなおして返済を行う方法です。任意整理は裁判所で手続きを行いません。減額をした金額での支払を貸金業者に認めてもらう必要があるため、司法書士や弁護士などの専門家に依頼すると安心して交渉に臨むことができます。

詳しく見る

簡単な借金清算方法

相談

任意整理は借金の問題を解決する手段のひとつですが、いくつかある中で最も簡単な方法となっています。将来にかかる利息が免除されたり、清算したい債務を選ぶことができ、周囲に借金があることがバレにくいなど様々な特徴があります。

詳しく見る

無料相談を活用しよう

ジャッジガベル

債務整理の中でも、任意整理は借金を選ぶこともできますし、裁判所の手続きも必要なく費用の負担も少ない方法です。個人で対応が難しいと感じた場合はプロへの依頼も考えていきたいですが、まずは無料相談で信頼できる法律事務所を見つけていきましょう。

詳しく見る

裁判所を介さない手続き

弁護士

任意整理の手続きは、借金を減額されることができます。任意整理する債権者を選べるので、車や住宅のローン、親戚や友人からの借金を対象から外すことができます。また、依頼する弁護士によって減額される金額が異なります。

詳しく見る

借金減額の効果

相談

将来の利息をカット

債務整理の手続きの中で一番多く行われているのが任意整理です。自己破産が年間10万件程度で近年推移していますが、任意整理の正確な件数は裁判所を介さず、個人でも行うことができる手続きなので判明しませんが自己破産の10倍程度だとされています。任意整理の効果についてですが、利息制限法の規定内の金利であった場合は、借金の額はほとんど変わらない場合があります。ただし、利息制限法の規定を超えた金利で利息を支払っていた期間があると平均すると20%〜30%減額させることができます。債務整理の手続きの中では任意整理が一番費用が安く簡単に行うことができます。やはり、返せなくなるほど借りないことが重要ですが、転職や退職などで収入が減ってしまって借金返済ができなくなることがあります。収入の目途が立っていないのに借金の支払いは待ってくれないです。借りているお金が利息制限法の規定内の金利であって減額対してできなかったとしても将来の利息は発生せずに返済をしていくことができます。過払い金が発生していれば別ですが、そうではい場合は元金が減額されるのは期待できない手続きでもあるのです。減額は着たいできないといっても100万円を15%で借りていた月々3万円返済をしていると3年間での利息はおよそ30万円です。それが、任意整理をすることによって将来発生する利息をカットできるわけですから、弁護士費用を支払っても任意整理をした方がお得になるのです。