将来の支払も減額できる

法律書

支払額の再計算をする

任意整理は、お金を借りる取引を開始した時に遡って金利を上限金利に引き下げて再計算をし、減額した金額での支払で貸金業者と和解させるものです。利息制限法では金利の上限を15パーセント〜20パーセントと定めています。それを超える金利は法律上無効となります。一方、出資法では29.2パーセントを超える金利での貸付に刑事罰を科しています。つまり、利息制限法で定める以上の金利での貸付を行っても、出資法を超えなければ刑事罰に科されないのです。この利息制限法以上出資法未満の金利での貸付をグレーゾーン金利と言います。このグレーゾーン金利での貸付を取引開始時に遡って正しい金利で計算をし直し、借金の返済を行うことを任意整理です。任意整理は、裁判所の手続きを必要としません。そのため、実際に貸付を受けている業者と交渉し、任意整理に応じてもらわなければならないのです。個人で再計算を行い、貸付業者と和解の交渉をすることはとても大変です。そのため、司法書士や弁護士に依頼し、代理人として交渉してもらうと良いです。任意整理を受けると、金利を引き下げ再計算を行い算出された元本を3年程度で分割して支払うことになります。将来の金利や遅延金についても支払う必要もなくなるのです。また、今まで利息制限法を超えた金利で支払っていたため、すでに元本を超えた支払をしていたケースもあります。元本を超えた支払額は過払い金と呼ばれ、貸金業者に返還を要求することができます。任意整理は専門知識を要するため、代理人である司法書士や弁護士に相談しながら行うと安心して行うことができます。