裁判所を介さない手続き

弁護士

持ち家や車は残せる

債務整理をすると、自分の家や車、家財道具などが差し押さえられて処分されてしまうといったイメージがありますが、任意整理であればそういった生活に必要なものは手元に残したまま返済計画を立て直すことができます。任意整理とは、弁護士や司法書士といった法律の専門家が代理人となって債権者と話し合って返済計画を組み直す手続きです。個人再生や自己破産と違って任意整理は、裁判所を介さない手続きなので、会社や家族にも借金があることを内緒で行うことができます。任意なので減額を交渉する債権者を選ぶことができます。車や住宅ローン、親せきや友人からの借金も任意整理の対象から外すこともできます。この手続きでは、利息制限法以下の金利に引き直した計算後の残高を原則3年以内に長くても5年以内に毎月分割で支払っていく手続きです。現在、借金を延滞して利息が積み重なっている、さらに遅延損害金が発生している、このような状態で1万円だけ支払ったとしても利息の返済に充てられるだけで残高は減っていかず焼け石に水です。任意整理は、今後利息が発生しないように将来利息をカットできます。これで利息が発生し続けて返済しても返済しても完済不可能な状態から返済が可能なプランに立て替えることができます。注意すべき点としては、今ある借金がどの程度減額できるかは交渉次第ということになります。そのため弁護士の実力によっては減額される金額が異なるのです。債務整理に強い弁護士を選ぶことです。