簡単な借金清算方法

相談

周囲にバレにくい

任意整理は借金の問題を解決する手段のひとつで、弁護士または司法書士が債務者の代理人となって和解交渉を行う手続きです。基本的には現在支払いをしている債務の利息を免除してもらい、元金のみを3年から5年の返済計画に基づいて支払っていきます。また、利息の引き直し計算も同時に行うので、払いすぎている利息があれば過払い金返還請求によって元金から差し引きされます。借金の清算方法はいくつかありますが、任意整理の最大の特徴は整理する債務を自由に選択できるという点でしょう。良く耳にすることのある自己破産などは全ての債務に対して免責を受けることになるため、債権者を選ぶことができず住宅ローンなども含まれてしまいます。そのため、抵当権の設定された住宅を手放さなくてはならなくなるなどもデメリットがあるのです。しかし、任意整理では住宅ローンを除いた債権者と交渉することもできるため、住宅を手放すことなく借金の整理ができるようになっています。任意整理は裁判所を通さず、弁護士や司法書士を代理人に立てるだけとなります。そのため、裁判所に出頭したりするような面倒な手続きはなく、官報に載るなどのデメリットもありません。借金を清算する手段としては一番簡単な方法となっており、会社に発行してもらう書類や家族に用意してもらう書類などもありません。基本的に身分証明書を提出するだけで良く、弁護士や司法書士とのやり取りも電話または郵送で済ませることができるので、周囲にバレにくい債務整理となっています。